光ファイバー加速度センサーの特徴や開発期間などについて

  1. トップページ
  2. 開発事例
  3. 光ファイバー加速度センサー

光ファイバー加速度センサー

オーダーメイド開発・試作をご検討のお客様へ

オーダーメイド開発・試作をご検討のお客様へ

メムス・コアでは高い技術力と幅広いサポート力を活かして、様々なご依頼に対応できる体制ができております。
仕様や条件に合わせてご提案させて頂きますので、まずはお気軽にご相談ください。

オーダーメイド開発・試作に関するご相談はこちら

特徴

光ファイバー加速度センサー

シリコンで形成した振動検出部に光ファイバを接続した、光検出型の超小型MEMS加速度センサーです。

数Hz〜数100kHzの振動を検出することができ、信号を光ファイバで伝送するため電磁ノイズの影響を受けずに計測が可能です。地震検知、コンクリート構造物の健全性評価や高温・放射能などの環境下での計測など幅広い応用が考えられます。

(技術指導:東北大学 新妻 弘明 教授)

応用

物理探査、異音検出、地震探査等に応用

主な仕様

感度 500mV/G
共振周波数 3〜100KHz
最大検出加速度 ±3G
周波数帯域 10〜2700Hz
ダイナミックレンジ 80dB
使用温度範囲 -20〜200℃
センサー外形寸法 φ8×16mm

MEMSデバイス開発のお問い合わせ・ご相談